ブログ

防犯カメラは「国民監視カメラ」なのか?





リレー方式で犯人逮捕

最近、要人を狙った犯行や凶悪事件の犯人追跡に、防犯カメラが重要な役割を果たしたといったニュースを良く見聞きします。
中でも防犯カメラの「リレー方式」で逮捕といったことが大きく取り上げられています。
あるカメラに映った目標の映像から次の予測地点及びその周辺のカメラ映像を確認していくという方法です。

つまりリレーできるだけのカメラが町中にあるということです。
現在防犯カメラは街頭はもちろん、コンビニや商業施設、一般家庭とあらゆるところにあります。
警察などはそれらを把握し捜査に役立てているということです。

モブなんて気にしない

さて、そうなると出てくるのが「プライバシー」の問題です。
中には「見張られているようで不快だ」などの意見もあるようです。
ですが、私の正直な意見を言ってしまうと「気にするほどの事ではない」と思います。
逆に「カメラに映ると何かまずい事でもあるんですか?」と聞きたくなります。
挙動が不審とかならともかく、あなたの事なんていちいち気にする人なんていませんよ、と。
そんなこと気にするならスマホのセキュリティ気にした方がいいですよ、と言いたいです。

たまに、例えば個人の住居内や敷地の盗撮や盗聴といったものと混同している方もいますが、全然違う話です。
そもそも天下の往来で人目があるのは当たり前ですし、そこに防犯カメラが加わったとして何ら変わりません。
やましいこともなく日常生活を送っている人からすればなんて事のない事でしょう。
重要施設の入り口など以外では、多くの防犯カメラは自動で記録しているだけで監視員がモニターに張り付いて見張ったりしているわけではありません。
何か事があったときに、該当日時の映像をチェックするだけです。
「監視カメラ」ではないわけです。
街頭のカメラ、私は賛成です。

実際、私の自宅にも何度か警察の方が防犯カメラの映像について聞きに来たことがあります。○月○日の○時から○時の映像を提供いただけませんか、といった感じです。

私としては防犯カメラの記録によって犯罪が減少、早期解決されることを願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です