ブログ

そのメモリーカードで大丈夫?防犯カメラ・ドラレコに最適なメモリーカードを選ぶ

最近の防犯カメラはカメラ単体で映像を記録できる物が多く販売されており、導入のしやすさから特に個人での購入に人気のようです。
映像の記録は本体に内蔵するMicroSDカードへ記録するタイプが多いようです。
「そういえば使っていないMicroSDカードがあったからそれ使おうかな・・・」
と思った方、少し待ってください。
防犯カメラやドラレコには【専用】のSDカードがおすすめです。

防犯カメラにはMLCタイプのSDカードを選ぶ

普段使用しているSDカード、サイズや容量以外に種類があるのをご存知でしょうか?
SDカードはフラッシュメモリーに属するメモリーカードで、 TLCMLCSLC、 のそれぞれのタイプがあります。

スマートフォンやカメラに使われる一般的なSDカードはTLCというタイプで広く流通しています。価格も手頃で高速動作できるため、スマートフォンやデジタルカメラで多く使われます。
反面、頻繁な書き換えや長期の使用には向きません。

対してMLCタイプは速度はそこそこですが、耐久性と安定性はTLCタイプと比べ数倍高いと言われます。
防犯カメラやドライブレコーダーには「その瞬間」しっかり記録できるデータ記録保持の信頼性の高いMLCタイプがおすすめです。

もう一つのSLCタイプですが、産業用など精密機器用などとして流通しているようですが、一般的に見かけることはまず無いようです。そういう物も有るというくらいの認識でいいと思います。

MLCタイプSDカード購入の注意点

さて、MLCタイプSDカードの選び方ですが、大手メーカーの物を信頼できるショップで買うのが間違いないと思います。

「そんな当たり前の事?」

と思うかもしれませんが、残念ながらSDカードというのは偽物が多く出回る商品でもあります。
信じられない話ですが、
「32GBのカードを買ったら実際は8GBしか記録できなかった」
なんていう容量詐欺なんて事もあるようです。
それらはWindowsアプリ【H2testw】で実際の容量を確認できますし、Androidアプリ【SD insight】等でカードのメーカーその他仕様はある程度確認できます。

H2testw

H2testw
SD insight
SD insight

ですが困ったことに、MLCタイプとTLCタイプをユーザーが見分ける方法が無いのです。
早い話、SDカードにMLCと書いてあればMLCなんだろう程度。
信頼できるメーカーならよいのですが、もしかしたら安いTLCタイプにMLCと記載されていても確認のしようがないのです。
アクセススピードで判断・・・なんて意見もあるかもしれませんが、それも確実ではありません。
そういった理由で【 大手メーカーの物を信頼できるショップで買う 】のがいいと思います。

おすすめMLCタイプMicroSDカード

大手メーカーのMLCタイプMicroSDカードをいくつか紹介します。

エレコム MF-CAMR064GU11A

書き換え可能回数が多いMLC Flashを採用。
高速インターフェース規格であるUHS-I/UHSスピードクラスの「Class1」、および読み書き時の最低速度を保証するSDスピードクラスの「class10」に対応。
「JIS防水保護等級7(IPX7)」に準拠し、メモリカードの交換時などにうっかり水に濡れてしまっても安心の防水仕様 。
ドライブレコーダー、カーナビに最適な高耐久モデルのmicroSDXCメモリカード。
製品は「ドラレコ・ナビ用」となっていますが、防犯カメラでも高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

Transcend TS64GUSDXC10V

ドライブレコーダー、防犯カメラなどの書込み頻度の高いアプリケーション向け。
防水性、温度耐性、静電耐性、X線耐性、衝撃耐性にも優れています。

シリコンパワー  SPA064GMSDIU3

データ転送時のエラー補正(ECC)機能を搭載し、ドライブレコーダーやセキュリティカメラ、監視システム等の用途に最適。
高耐久を謳いドライブレコーダーやカーナビ、屋外などの温度変化の激しい環境に最適です。

定期的なメンテナンスも必要

いくら高耐久のメモリーカードを使用してもいずれは劣化、故障します。
定期的に記録映像のチェックや書き込みエラーチェック、メモリーカードの交換をすると安心です。
いざという時に撮れていなかったら・・・痛恨の極みです!
PCでメモリーカードのチェックをするときにあると便利なのが、高速読み書きできるメモリーカードです。
私が使っているこちらはおすすめできます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です