ブログ

NVRをセットアップするぞ TW-7008NVR

前回ネットワークカメラのセットアップをしました。

前回セットアップした防犯カメラはSDカードなどへの録画機能がないものを選びました。
では録画はどうするのかといいますと、外部のレコーダーに記録します。
今回はそのカメラの映像を記録するレコーダー、NVRをセットアップしていきます。
NVRとはネットワークカメラに対応した録画装置です。

今回用意したのはこちら、TW-7008NVRです。

OWSOO 8CH 1080P H.264 P2P NVR CCTVセキュリティ 電話コントロールモーション検知 Eメールでアラーム 監視IPカメラ用

それからレコーダーに組み込むハードディスクです。
今回は3TBの物を選びました。
監視カメラ用と銘打って販売されているものです。

レコーダーの外箱の記載です。

前面と背面です。

DVRと違って映像入力のコネクタが無く、LANコネクタだけなので背面がシンプルです。
前面にUSBポートがあるのでUSBメモリーなど挿すのに便利そうです。

このままでは記録できないので、ハードディスクを組み込みます。

カバーを開けるとこんな感じです。
これまたシンプルな感じです。

ハードディスクを組み込むと、こうなります。


結構ギリギリです。
よく見るともう一つSATAコネクタがあります。
2台目を増設できるのかもしれませんが、スペース的に3.5インチでは無理です。
2.5インチならいけそうです。

電源を入れて起動すると、ハードディスクをフォーマットする必要がある旨のメッセージが出ます。
フォーマットは後程します。

【OK】【Next】で進みます。

言語とタイムゾーンを設定します。
日本語を選ぶことができます。
日本のタイムゾーンはUTC+09:00です。

カメラを追加します。
【検索】でネットワーク内のカメラを検索します。
追加したいカメラを選び、【追加】でカメラを追加します。
追加されたカメラは下段に表示されます。

データ量画面で設定の確認、変更ができます。
FHDカメラを接続したらNVR側もFHDで記録できるようにするとカメラのスペックを生かせます。
データ量を節約したい、長時間録画したいといった場合は解像度やフレームレートを落とすことができます。

ハードディスクのフォーマットをします。

フォーマットが終了するとおおよその記録時間が表示されます。
今回の組み合わせ、1080p 25fps では3TBで60日間記録できるようです。
私としては1か月録画できればよかったのでちょっとオーバースペックでした。
ですが、もう一台増設したらちょうど1か月ですね。


設定が終わるとこんな感じで表示されます。
画像クリックでフルスクリーンになります。

各種設定は右クリックで出てくるメニューから行います。

これで防犯カメラとして使用できるようになったのですが、実はまだホームネットワークの環境が整っていないのと、設置の時間がないので、実際の使用はもう少し先になりそうです。

今回使用した機器

OWSOO 8CH 1080P H.264 P2P NVR CCTVセキュリティ 電話コントロールモーション検知 Eメールでアラーム 監視IPカメラ用

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です