【始まりのお話 その1】 ある日、盗難が始まった

2013年 10月上旬 某日・・・

ママちゃん
「あー!! 無い!」

道路に面した玄関先から鉢植えの花と一緒に置いてあった、ファンシー系マスコットの置物が無くなっていた。
手のひらにのる程度の大きさのマスコット3点セットみたいなものがごっそり無くなった。

イメージ

確かに玄関先に置いておけば、世の中には持っていく人も居るかもしれない。
それとも、ちょっと風が強い日ならばどこかに転がっていくかも・・・(かなり無理があるが・・・)

と、そんなモヤモヤしていた10月中旬・・・

またやられた!!

前回の後に置いた、ハロウィンのかぼちゃの置物が無くなった。

イメージ

さすがにキレた(ママが)。
いろいろ“キレイではない言葉”で怒りを表現している。

通りすがりのイタズラか?
2回も?
嫌がらせ?
近所トラブルとか無いはずだが?
誰が?
よく通る人間?
学生?
子供か?
いや大人?
ウチを狙ってる?
どうして?

いろいろ考えた。

ママちゃん
「絶対犯人探し出してやる!」


「う~ん、でも難しいな・・・」

「発信機とか付けられないの!よくあるじゃん!テレビとかでさっ!」

「いや、現実的じゃないし・・・
てかどこで売ってんの?
ソレいくらすんの?
そんな小型なのあるの?
バッテリーどんだけ持つの?
送信距離は?
コストは割に合うの?」

知らないわよ!とにかく突き止めたいの!!

あー・・・ついイライラにイライラで返してしまった・・・

(幼稚園児ムスメちゃん)ひも付けとけばいいと思うよ! (どや顔)

「お!?ムスメちゃん頭いいね~」

「そんなの切られちゃうでしょ!」

「いやマジに受けるなよ、幼児なんだし。
現実的なとこだとさ、防犯カメラとかじゃない?」

「いくらすんの?」

「3万円~5万円くらい、もうちょっとするかな・・・」

「付けよう・・・」

「本当に?」

「防犯カメラ付けよう!
絶対見つけてやる!
やられたらやり返す!
盗られたら盗り返
いやそれダメだから!

というわけで、防犯カメラ設置に動き出したのであった。

次ページ 防犯カメラを買ってみた