カメラ本体

いろいろ選べる電源不要の屋外防犯カメラ 特徴と注意点をチェック!

いざ防犯カメラを取り付けようと思ったときに、
「あれ?電源はどうしたらいいんだろう?」
と思った方は多いのではないでしょうか。

当サイトでも電源問題について書きました。

「すぐ使いたいのに!電池式とかですぐ使える防犯カメラはないの?」
と思う方もいるでしょう。
私も気になったので最近の電源レス防犯カメラを調べてみました。





意外と種類豊富?100V電源不要カメラ

早速主要なネットショップで探したところ、思っていた以上の種類のカメラを見つけることができました。
住宅はもちろん、農地や牧場など電源が確保できない場所でも活躍してくれることが期待できます。
いくつか紹介してみます。

コピー商品多数?のヒット商品

類似品が多くみられ、もはやどれが本家か分かりません。
バッテリー駆動タイプの防犯カメラです。
このカメラは単3アルカリ電池4本で駆動し、熱センサー搭載により、動きを検知した時だけ自動撮影するので、電池の消耗を抑えられるということです。
外国メーカーの商品が多いので、サポート、品質は良く調べた方がよさそうです。

ソーラーパネル搭載で電池交換不要!?

ソーラーパネルを搭載しバッテリーに電力供給する事で稼働時間の延長を図った防犯カメラです。
電池交換不要までは・・・難しそうです。
当然出力電力は天候に左右されることになりますが、ソーラーパネルが独立式の商品はパネル面積が大きく取れるので、商品によっては高い稼働率を実現してくれそうです。
こちらもやはり外国メーカー&業者が多いので、説明文も難読です。

国内メーカーでサポートも安心!

パナソニック製の防犯カメラです。
オプション製品と連携させることで、ハイレベルのホームセキュリティを実現してくれそうです。国内メーカーということもあり充実のサポートも期待できそうです。

バッテリー駆動カメラは万能か?

「これらがあれば電源で悩むこともないしコレでいいんじゃない?」
と思うかもしれません。
用途によっては、たとえば先に書いた農地など、どうしても電源を確保できない場合など最高のパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。
ですがいくつか注意点もあります。

バッテリーは必ず切れる

100V電源では停電などでない限り電力を供給し続けますが、電池は必ず消耗します。
当然電池が無くなれば録画できませんので、定期的な交換や充電が必要となります。

カメラが重い・大きい

外部から電源供給する場合に比べ、カメラ本体の他にバッテリーや付帯機器が必要なため、重量増加や機器が大型化する傾向にあります。
取り付けにはしっかりした土台とスペースが必要となる場合がありそうですので注意が必要です。

あまり多機能ではない

電池の消耗を抑えるため、あまり多機能ではないものが多いです。
たとえば常時録画ではなく、センサーが反応した時のみ録画する仕様だったり、WI-FIやメール通知に対応していない、など欲しい機能が無い場合がありますので仕様のチェックが必要です。

良い点と注意点まとめ

最後にもう一度まとめてみます。

良い点
・電源不要で使いたい場所ですぐに使える。

注意する点
・電池残量に気を付ける。
・取り付けはしっかり固定する。
・必要な機能をチェックする。

以上に気を付けて選べば、自分のニーズに合った防犯カメラがきっと見つかると思います。
最高のパートナーをぜひ見つけてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です